【ラスクラ】詳しく攻略解説!幻英の塔56階

ラスクラ 幻英の塔
スポンサーリンク

麻痺無双!幻英の塔56階 クイーンアントなどの攻略法について

幻英の塔56階はWave3まである極寒マップで、SCT減速の効果が付いています。

敵のLvは、Wave1と2が114、Wave3では少し上がり116です。

敵はスノーガウルサハギンバラードクイーンアントといった獣や魚、昆虫のほか、鳥や魔法生物など、さまざまなタイプで構成されています。

全Waveのモンスターでクリティカル無効なので注意です。

しかしタイプは多いですが、大半の弱点は雷や麻痺になっているモンスターが多く、麻痺を付与させることにより無双できる、戦いやすい階層となっています。

55層の構成のまま勝てる場合もありますが、より楽に攻略するために、Waveごとにモンスターの特徴や弱点などを紹介していきたいと思います。

56階 Waveごとの攻略について

Wave1は雷属性の攻撃と麻痺がとても有効

Wave1のモンスターは、スノーガウル2体ブリザー1体の計3体の構成です。

スノーガウルが魔法のブリザード使用してきますが大したダメージでもなく、ブリザーも特筆する点はありません。

もちろん敵のLvが114と高いため、油断するとやられてしまうので注意です。

スノーガウルは雷耐性が-50ブリザーは-75と、ともに雷耐性が低くなっています。

また、モンスターの麻痺耐性は弱点、もしくは耐性無しと麻痺が効きやすい構成です。

麻痺研究持ちのファルや、雷属性の攻撃が強力な雷響のセヴィアも良いですが、お手軽にクリアできるのは、ソーサラーに雷宝石の光輝のアークをセットしてライザーゲージかヴァルザライザーを撃つ方法です。

雷宝石の光輝はアークLvを10にすると「雷属性魔法に麻痺付与効果(確率)を追加」というアーク特性があります。

アリーナではよく使われる戦法ですが、雷宝石の光輝をセットしライザーゲージやヴァルザライザーなどの雷属性魔法を撃つと、麻痺耐性が無効でない限りは、かなりの確率で麻痺を付与させることができます。

56階でも同じ戦法がとても有効で、麻痺が無効のモンスターが出てこないため、全Waveを通して相手にほぼ何もさせずに倒すことが可能となります。

攻略方法としては以上でクリアすることができますが、他のWaveのモンスターも解説していきたいと思います。

Wave2も雷と麻痺で楽に進もう

Wave2のモンスターは、サハギンバラードが2体シルバーピラッドが2体の計4体の構成です。

サハギンバラードはWave1と同じ方法で楽に倒せますが、シルバーピラッドガードをしてきたり麻痺に耐性があるなど、他のモンスターに比べ少し強めです。

とはいえ麻痺も耐性止まりなので、雷属性魔法を連打していればすぐに麻痺し、雷属性の耐性も-75なので簡単に倒すことができます。

もし心配であれば、状態異常耐性を下げるアヌラメルスをセットして麻痺耐性を下げれば確実です。

Wave3は麻痺のほかに物理攻撃が必須

Wave3のモンスターはブルーエレメントが2体グランドオンブルが2体クイーンアントが1体の構成です。

BOSSはブルーエレメントと表示されていますが、Wave3のBOSSは実質クイーンアントと言ってよいでしょう。

ブルーエレメントブリザードグランドオンブル踏みつけ攻撃も脅威ではありますが、まずは雷属性魔法の連打で確実に沈めていきましょう。

そして最後に残るであろうクイーンアントですが、クイーンアントは雷耐性が-50であるものの、魔法攻撃がほぼ無効となっています。

また、地味にクイーンアントの通常攻撃が高威力なので注意です。

麻痺は有効であるため、雷属性魔法で麻痺を付与させたら物理攻撃のみで攻撃していくことになります。

Wave1と2ではあまり活躍できていなかったソーサラー以外のユニットは、ここで全力で攻撃していきましょう!

幻英の塔 56階 攻略のまとめ

おすすめの構成は、無属性か雷属性の物理アタッカー2魔法アタッカー1ヒーラー1の構成。

アークは、物理アタッカーには攻撃性能が上がるアークをセットし、魔法アタッカーには雷宝石の光輝をセットし雷属性の魔法で麻痺を付与させる要員。

ヒーラーには回復力が上がるアークか、防御力が上がるアークをセットします。

麻痺さえ付与させれば楽に勝てるので、雷宝石の光輝以外のアークは正直なんでも大丈夫です。

バトル中の対策として、Wave1と2ではひたすら雷属性の魔法でダメージを稼ぎつつ麻痺を付与させることにより、安全にモンスターを倒していきます。

Wave3は、序盤は雷属性の魔法連打でブルーエレメントとグランドオンブルを倒し、残ったクイーンアントは適度に麻痺を付与させつつ、物理アタッカーで倒してしまいましょう!

タイトルとURLをコピーしました